ブローネマルク教授に直接師事され、ブローネマルクインプラント治療を最初に日本に紹介された、インプラント治療では非常にご高名な小宮山弥太郎先生の講演が松江の歯科医師会館で行われ、拝聴して来ました。

インプラント治療に限らず、全ての治療は患者さんの生活の質(QOL)を高める事が大切であり、我々歯科医師はそのためには常に努力を惜しまず、知識と手技の研鑽に努めなければならないという事を改めて再認識致しました。